早慶志望 2冊目の英単語帳の選び方

どうも。こんにちは。この時期になるともうターゲットやシステム英単語など1冊目の単語帳が完璧になったからもう一冊何か単語帳をやろうと思ってる受験生もいることでしょう。今日は僕がやった単語帳のなかで2冊目におすすめの単語帳をいくつか紹介したいと思います。

英検準一級 出る順パス単

いきなり英検の単語帳が出てきて驚いた人も多いかもしれませんが2冊目参考書として英検準一級の単語帳はおすすめです。ターゲットやシステム英単語を終わらせていても早慶上智だと知らない単語がよく出ます。その単語の多くがパス単に載っているのです。でも今からパス単をやるのは時間がないんじゃないのと思った人も多いと思いますが、英検準一級の単語帳といってもその半分以上はターゲットやシス単と被った単語が載っています。記憶が薄れてきたので大体ですがターゲットやシス単と被っていない単語は400語程度だったと思います。上智などの文章は英検準一級の単語に載ってる単語が多く使われていた印象です。一見、オーバーワークに思える英検準一級の単語帳ですが被ってない単語は400語程度なのでそれほどリスクがなく語彙力を伸ばせるいい単語帳だと思います。早慶の問題で難単語に傍線が引かれ前後の文脈からその単語を推測する問題がでますが、この単語帳をやると稀にその傍線部の難単語を既に知っていることがあります。

 

話題別英単語 リンガメタリカ

これは前の記事にも書いたのですが早慶に出題される専門性の高い文章に強くなるための単語帳で名前の通り話題別の英単語(専門用語など)が書かれているので専門的な文章がよく理解できないという人におすすめです。

 

速読英単語 上級

この単語帳は難単語を覚えられるだけでなく、難しい文章の多読になり、また、単語の推測に重点を置いているためしっかり使用すれば単語の推測力がつくというメリットがあります。この単語帳が気になる人は前の記事にこの参考書について詳しく書いた記事があるのでそれを読んでみてください。

 

どうでしょうか。ひとくちに単語帳といっても単語帳によって異なる特徴があります。みなさんの単語帳選びの参考になれば幸いです。最後まで読んでくださりありがとうございます。

コメント